読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっちゃんZのブログ

スマホの方は『PC版』『横』の方が読みやすいです。作品のもくじの章の青文字をクリックすればそこへ飛びます。

さざなみにゆられて-北海道編-

小説3:さざなみにゆられてー北海道編ー

小説期間:2000年平成12年4月1日~

あらすじ:

美波は写真集で見た富良野などの北海道の雄大な風景に憧れ、

自分のことを全く知らない人の街で暮らしてみたいと北海道の大学を受験。

小樽商科大学に無事合格し義父の影響で銀行員を目差す。

両親は米子にいたが、2000年に義父の勤務する銀行の合併に伴い、

偶然札幌市へ異動となった。

北の都『札幌』を中心として、北海道内の自然や観光名所を含めて

慎一、静香、美波、雄樹、夏姫の生活が始まる。

悲しい事件は起りません。おだやかに時間が過ぎていくだけです。

 

登場人物

日下慎一 現在41歳、1999年静香と再婚。山陰支店では預金課で勤務している。

     2000年4月より関西中央銀行と札幌振興銀行が合併し「六花銀行」となる。

     2000年に北海道札幌市へ再度融資課員(支店長代理)として異動。

日下静香 現在39歳、17年前に夫と死別し娘(美波)を一人で育てた。

                  1999年5月に日下慎一と再婚。現在妊娠中。

日下美波 現在19歳、鳥取県米子東高から北海道小樽商科大学へ入学し青春を満喫中。

日下雄樹 2000年夏に生まれる男の子。

日下夏姫 2000年夏に生まれる女の子。

 

もくじ

1.札幌へ              2.初めての胎動

3.美波の戸惑い           4.慎一の自覚と不安

5.初出勤              6.二人でコーヒー

7.美波の誕生日           8.YOSAKOIソーラン祭り

9.美波、学生生活スタート        10.独立への一歩

11.母の再婚と強がり娘        12.サークル

13.ゲレンデ             14.雪のイベント

15.誕生               16.子供たちのお披露目

17.お宮参りと育児への参加              18.銀杏の下で

19.シシャモ祭りとラムジンギスカン     20.お食い初め

 

『武闘派!』なのに、実は超能力探偵の物語

小説2:『武闘派!』なのに、実は超能力探偵の物語

あらすじ

桐生 翔(きりゅう しょう)は新宿の片隅で私立探偵業を営む。ある日突然超能力(テレポーテーション)を授かるが、本人も半信半疑の上発現頻度も曖昧で使い方もよくわかっていないまま物語は進んでいく。正義感にあふれる若い探偵が、小さな探偵社に訪れるクライアントからさまざまな依頼をこなしながら多くの人とふれあい、高い格闘技術で事件を解決していき、笑える場面が多い恋愛小説。 

~もくじ~

1.絶体絶命のはずなのに?       2.翔、帰還?! 

3.京(凶)一郎、見参!        4.『葉山館林研究所』到着 

5.いつ出るの?超能力!                       6.葉山館林邸1

7.葉山館林邸2                           8.テロ教団から都民を救え!1

9.テロ教団から都民を救え!2     10.テロ教団から都民を救え!3

11.「目黒館林研究所」完成        12.臓器売買組織を壊滅せよ

13.ストーカー事件を解決せよ!1  14.ストーカー事件を解決せよ!2

15.ストーカー事件を解決せよ!3  16.ストーカー事件を解決せよ!4

17.百合との出会い1                     18.百合との出会い2

19.百合との出会い3           20.百合との出会い4

21.幼い兄妹を救え1                           22.幼い兄妹を救え2

23.幼い兄妹を救え3           24.幼い兄妹を救え4

25.幼い兄妹を救え5        25.翔とミーアと百合1

27.翔とミーアと百合2                       28.局アナ盗撮事件を解明せよ1

29.局アナ盗撮事件を解明せよ2   30.局アナ盗撮事件を解明せよ3

31.局アナ盗撮事件を解明せよ4   32.局アナ盗撮事件を解明せよ5

33.未知の物質は?         34.桐生事務所ビル改築

35.オレオレ詐欺団を壊滅せよ1      36.オレオレ詐欺団を壊滅せよ2

37.オレオレ詐欺団を壊滅せよ3      38.オレオレ詐欺団を壊滅せよ4

39.オレオレ詐欺団を壊滅せよ5   40.お化けアパートの怪1

41.お化けアパートの怪2              42.お化けアパートの怪3

43.お化けアパートの怪4              44.お化けアパートの怪5 

45.お化けアパートの怪6      46.初めてのくちづけ

47.百合、実家で相談する      48.翔、久々に実家へ帰る1

49.翔、久々に実家へ帰る2     50.百合、初めて桐生家へ

さざなみにゆられて-山陰編ー

小説1:さざなみにゆられて-山陰編-

*登場人物*

後藤静香 小料理屋「さざなみ」の店主。

                  地の食材を美味しく食べさせてくれる店。

     店ではいつも弓浜絣を着ておりおだやかな笑顔の女性。

                  娘と二人暮らし。

後藤美波 静香の娘。高校一年生。明るく人懐こいところがある。

日下慎一 春に米子へ新規開拓を目的に赴任してきた独身の銀行マン。 

*あらすじ*

山陰地方の町、米子市で小料理屋「さざなみ」を営む静香・美波親子と

関西生まれの銀行勤務の慎一とのふれあいを描く。(三人視線)

山陰地方の四季の中で三人三様の心の傷が癒される時間を描く。

~もくじ~

1.赴任                2.「さざなみ」初来店

3.秀峰大山へ             4.静香のまなざし、美波のまなざし

5.面影                6.追憶1

7.追憶2               8.美波の秘密

9.がいな祭りと境港         10.がいな大花火大会

11.美波、秋の県大会新人選へ出場  12.帰途の二人

13.とまどい            14.師走、三人で

15.帰省、遠い記憶         16.初詣

17.移り変わる記憶         18.桜街道

19.二人で出雲へ          20.母の再婚

21.彼との距離           22.浴衣1

22.浴衣2             24.突然の辞令

25.それぞれの思い         26.いつもの音

27.美波のがまん          28.慎一の約束、静香の願い

29.異動の朝            30.湯呑

31.壊れた携帯           32.霧と痛みの世界

33.間違い電話           34.幸恵の疑問

35.静香親子、神戸へ        36.春の息吹

37.再赴任             38.再び『さざなみ』へ

39.美波の受験           40.美波の言葉

41.旅立ちの日           42.広すぎる家

43.最初の夜            44.相性

45.新婚旅行、娘と1        46.新婚旅行、娘と2   

47.業界再編への動き、そして

5.初出勤

小説3:さざなみにゆられてー北海道編ー

月曜朝早く目覚めた。

新聞を読み、朝ご飯を食べて、手作りのネクタイをきゅっと締めて部屋を出た。

妻の『いってらっしゃい』の声を背中に受けての気合いの朝だった。

新たに発足する新銀行『六花銀行本店』は大通公園に面する北側の通りにある。

銀行に着くと早速に会議があって二つの銀行の現場業務の調整が始まった。

二つの組織が一緒になるのは簡単なことではなく当然色々と軋轢も反発もある。

それは当然のことなので見ないふりをして、

ビジネスライクに物事を切り分けながら

課員をまとめてやっていかなければならないことを理解した。

そんな毎日で朝早く出て、遅く帰る日々が続く。

 

3月末に札幌へ来た時には、山にはまだ白く雪らしきものは見えており、

マンションの周りの道路でさえも日陰には氷が残っていた。

妊婦の静香には危なくて歩くことも怖かった。

しかし、4月中旬になりその氷がなくなると一気に街並みが鮮やかな彩りに変わって行く。

北海道の春は、街中も山もそこもかしこも一気に花が咲き誇る季節だった。

色とりどりの花々が急ぎ足の人の足を止める。

 

北海道神宮へ安産祈願でお参りした。

おみくじをひくと『大吉』、出産は安産で子、母体とも安心とあった。

二人はほっとして神様へお礼でもう一度参拝した。

神宮内は桜が満開で目に優しかった。

ふと目を移すと桜だけでなく梅も咲いていることに気がついた。

多くの人が花見のために集まって、

そこら中からジンギスカンの香りが漂ってくる。

道産子の花見はジンギスカンで決まりだと感じた二人だった。

 

春の大通公園は花好きの人達が創作した多くの花壇に彩られている。

暖かい日差しの中で春の小箱の蓋が開けられたように散りばめられている。

静香はお腹の赤ちゃんにもこの風景を見せようとよく散策した。

梅雨らしい梅雨もなくカラリとした風が頬に気持ちいい。

ライラックが綺麗に咲き誇っている5月中旬の大通り公園は

『さっぽろライラックまつり』が開催されている。

多くの市民がゆっくりと散策し可愛い薄紫色の花を見つめている。

大通公園は季節毎になにがしかの催しものがあり、

芝生もあるため子供たちを遊ばせるには最適の場所と感じられた。

(つづく)

43.お化けアパートの怪4

小説2:『武闘派!』なのに、実は超能力探偵の物語

翔は、泥棒二人が寝静まった頃、そっと地下道へ降りて行った。

ゴーグルには赤外線や紫外線感応画像が流れていく。

こんな大きな地下道をよく二人で掘り進んだものと感心した。

ちょうど爺さんの部屋の下辺りに来ているが、

柔らかい土が落ちてきている。

泥棒男がその部分を厚い板と太い柱で補強している。

 

下水道まで進み、

家の通路から下水道への出口を撮影し、再度組み直した。

そして銀行の地下金庫付近を調査した。

暗い下水道ではパッと見た目にはわからないくらい自然なレンガ積みとなっている。

それを写真で撮って、

レンガを剥がしていくと地下金庫の壁材が見えている空間に着いた。

これはすごい技術だった。

この壁1枚の向こうにはお金がうなっているのだ。

足元にはセメントを砕く機械や金属を溶かすバーナーを用意されている。

来週が月末の金曜日なので多くのお金や貴金属が運び込まれる筈だった。

翔は、画像を調べてレンガを元の状態に組み直して下水道から歩いて地上へ出た。

 

都倉警部に連絡し現行犯逮捕するため待機した。

いよいよ金曜日の銀行業務が終了し深夜が訪れた。

警部たちは、川口組がどこから来るかがわからないので

とりあえず地上で待機している。

地下道の反対側にも警官を配備予定で、

1人も逃がさない布陣を考えている。

 

泥棒夫婦は寝静まった近所を確認して、

大きな鞄を持って庭から地下道へ入っていった。

もちろん男の背中にはクモ助が下りており『聞き耳タマゴ』は設置されている。

男は携帯電話で川口組へ連絡をしている。

有料駐車場にバトルカーを停めて川口組を見張っている百合とアスカから連絡が入った。

10名ほどの組員が事務所から出てきた。

1人の組員の背中にクモ助を下ろして『聞き耳タマゴ』の設置に成功した。

彼らはゴルフバッグのようなものを多く担いでおり中身は武器と思われた。

アスカがクモ助を回収して車に戻ってくる。

翔のゴーグルへ彼らの移動地点が送られてくる。

警部へそのデータを送信し、彼らの移動場所を知らせ

彼らに見つからないように周りから包囲し逃げ道を塞いでいった。

(つづく)

4.慎一の自覚と不安

小説3:さざなみにゆられてー北海道編ー

慎一は妻から妊娠の事実を告げられた時、

いつかそうなるとわかっていたが、

その瞬間はどう考えていいのかわからなかった。

自分とは異なる人間の中に自分の半分と同じ人間がいるという不思議な感覚だった。

 

『あなたの赤ちゃんが欲しい』と言っていたので避妊はしなかった。

日々喜びを知って『こんなこと初めて』と恥ずかしそうな素振りの妻、

素敵に変わっていく妻を見ているだけで嬉しかった。

もちろん子供はできた方が嬉しいが、それほど切実には考えていなかった。

長男ではあるが分家である実家は跡取りを考える必要はなかったからだった。

長い間1人だった妻がそんなに早く妊娠するものとも考えていなかったし、

娘は美波がいるので神様にお任せしていた。

でも時間が経ち子供のいることを理解してくるとじわじわと喜びが湧きあがってきた。

 

父親になるってこんな気持ちなんや』と初めて理解した。

そして、父親として家族のため仕事や生活への責任も痛感した。

今は、まだ働いているから心配は無いが子供たちが成人する時に自分は定年となる。

それにも増して銀行再編の嵐の中で生き残っていくのも大変な時代だった。

娘との約束『絶対にお母さんのそばにいて欲しい』を守るために

念のための次の人生も考えておく必要がある事に気が付いた。

 

最近、娘から金融や経営関係の授業の質問があって、妻も興味津々で聞いている。

もともと小料理屋を長年に渡って経営してきたのだから経営者の視点は的確であった。

特に資金活用の視点は非常に優れていた。

冒険や無理をせず安全を優先する。

儲ける時期は外さない。

常に資金に余裕を持たせる運営方針を維持する。

妻と相談してみようと考えたが、

先ずは子供が生まれて落ち着いてからと考え直した。

 

現在の不動産状況として、

角盤町の良い場所にあった店はすぐに売れて資金は銀行に確保している。

米子の実家は不動産会社を通じて貸し出している。

田畑も企業へ貸し出しているので当座は資金的な問題は無い。

 

現在の銀行金利はバブル時代の名残も一切無くなり、

今後も1%を越えることは期待できないと思われた。

バブル時代はお金を銀行や郵便局に定期で寝かせておけば勝手に金利がついて、

1億円あれば利子で暮らせると言われていたのにえらく様変わりしてしまっている。

いずれ金利は0円になる時代が来るかもしれない。

それを考えた時、将来の子供との定年後の生活に一抹の不安を覚えた。

まあそうなれば妻が『また店をする』と言い出すかもしれないが

それは最後の手段としてとっておきたかった。

(つづく)

42.お化けアパートの怪3

小説2:『武闘派!』なのに、実は超能力探偵の物語

「ねえ、あんた、まだなの?もう1ヶ月以上も掘ってるのよ」

「周りに気付かれないように掘り進んでいるから待て、あと少しのはずだ」

男は地図を広げて説明している。

地図には銀行の地下金庫への通路が描かれている。

「あんたが、地下道が崩れないようにセメントや板で補強しているからいいけど、

あまり気持ちの良いものじゃなかった。でも下水道へ繋がればもう心配ないね」

「そうだ、仮に警察が来てもこの通路に隠れていればわからないから安心だ」

「あんたは、天才だね」

「ああ、来週には地下金庫の壁に着くから、仕事終わったら高飛びだな」

「楽しみね、私はヨーロッパがいいわ」

「どこでも行きたい放題さ、地下金庫は電子錠だから銀行側は安心しているはず。

 それに金曜日の夜に地下金庫に入って盗めば、

 発覚するのは月曜日だからその時には俺達はもう日本にはいないのさ。

 それにあいつらも来るから荒事も大丈夫だしな」

「でも、大丈夫?あいつら信用できるの?」

「まあ、いざという時のための保険だから、

 それに仲間にしなかったら殺されてたし」

「そうだけど、あの組はこの前解散みたいなものってニュースにでてたよね?」

「残党はたくさんいるから仕方ない。早く終わらせて高飛びしようよ」

「そうね、こんな嫌な日本とはおさらばよ」

「でも、今回はお前の銀行の情報が正確だったから助かったよ」

「ああ、あの銀行、酷いところだから。特に支店長、最低」

「確か、セクハラというか強姦というか酷い話だよなあ。こんなに可愛いお前を」

「あんたって、天才ね。好き、もっと私を喜ばせて・・・」

 

前回のオレオレ詐欺事件の実行犯の川口組の残党が絡んでいると知って緊張した。

川口組はチャイニーズマフィアとも関係があり、武器も潤沢な暴力団だからだ。

この前の事件以来、縄張りを他の組に取られて肩身の狭い思いをしているので

残された子分達はここらで一発派手にやって

親分や幹部へ元気にやってる証を残したいと考えているのかもしれない。

翔はこの戦いには双方で死人が出るかもしれないと思い戦慄した。

(つづく)

3.美波の戸惑い

小説3:さざなみにゆられてー北海道編ー

美波は部屋を大体片付け終わったので昼前に小樽へ帰った。

電車の中で昨夜の双子ちゃんのことを思い出し、

お母さんが今の私と同じ年齢で身ごもったことを思い出した。

私が生まれて数年暮らしてお父さんが亡くなり美波を一人で育てた。

それは今の自分には想像もつかないくらいの長い時間だった。

 

今でこそ娘の私が『お母さんが可愛い』と感じるくらい変わったが、

小さい時から強い母しか見ていない美波は戸惑いを感じている。

それほど母にとっては厳しい世の中だったということと理解した。

お父さんにしても、母と結婚してくれてすごく嬉しいが

死別した相手を持つ女性を妻として迎えることのできる心の強さにも驚いた。

そして、今も仏壇を持ってきている。

美波もお父さんみたいな心の強い男性を見つけて、

母のように強くなりたいと思っているが、

実際に母と同じ経験をして同じことができるとは思えなかった。

 

二人の長い間夫婦として暮らしたような溶け込んだ雰囲気を感じて、

ジェラシーに近い感覚を感じる自分もいることに気がついて驚いている。

赤ちゃんたちも生まれることだし、

私にある母との双子感覚を捨てる必要があると感じた。

私を見送る時に涙を浮かべる母を見て、こちらも強がって笑っている。

しかし、本当のところは二人が札幌へ来て、ほっとしている自分もいる。

美波はふと、付き合い始めている1つ年上の優也の顔を浮かべた。

優也は誰にでも優しく、誰にでも合わせることが出来る人だった。

最初は一人で心細かったのでその優しさに魅かれた。

(つづく)

41.お化けアパートの怪 2

小説2:『武闘派!』なのに、実は超能力探偵の物語

何日間か待ったが一向にその怪現象は起こらなかった。

3日も経った金曜日の夜中、爺さんの部屋でじっと待つ。

爺さんは亡くなった奥さんの写真に向かって手を合わせて拝んでいる。

ふと郵便受けに奥さん名の年金振込書が入っていたことを思い出して

「奥さんは亡くなったのですよね?」

「いや、あいつは生きてる。今はいないだけ、もうじき帰って来るはず」

翔は奥さんに逃げられた爺さんを可哀想に感じ、

それ以上は聞かなかった。

 

遠くから車のクラクションや人の話し声が聞こえてくる。

しばらくして、部屋に振動が出始めて奥さんの写真が倒れた

『ミシ、ミシ、ミシ・・・ザクザク、ザッザッ・・・ミシミシ』

『・・・いつまでこんな・・・まだ・・・。そん・・・もうじ・・・がんば・・・』

「だろ?聞こえるだろ?俺、怖いんだ。

 きっとカ・・いや化けて出てくるつもりかも」

「しっ、静かにして」

翔は、地中から漏れて来るように聞こえてくる音声を録音している。

1時間もそんな様子が続き、やがて静かな夜が続いた。

爺さんは音と振動が無くなって安心したのか眠り始めている。

 

翔は、部屋に戻るとドローンを窓から飛び立たせた。

このアパート300メートル四方を探査し始めた。

X線、赤外線撮影も同様に行った。

そしてRyokoにここら一帯の地下道や下水道の走行を検索させた。

そして、これらの画像を3D処理してアパートを中心とした画像を作成した。

そこでわかったことは、

ある大きな一軒家の庭にあるプレハブの納屋から

地下道が掘られていて下水道に繋がっていた。

深さも5メートルととても深いものだった。

方向としては、このアパートの地下を突き進んでいる。

 

翌日から一軒家の監視をすることとなった。

もちろんクモママ、クモ助を出動させてのもので

すべて録音録画されている。

この家の夫婦は、大きな屋敷に住んでいる割には貧乏そうな服装で暮らしている。

そしてなせか庭にはフォークリフトが置かれている。

庭を良く見ると、大きな袋がいくつも置かれており中身は土だった。

たまに主人らしき男が庭にトラックをつけて

フォークリフトで荷台にその袋を積んでどこかへ出かけていく。

(つづく)

2.初めての胎動

小説3:さざなみにゆられてー北海道編ー

ホテルでの夕食後美波が部屋で片づけをしている。

慎一はテレビを見ながら静香と二人でゆったりとお茶を飲んでいる。

美波は明日の昼には小樽へ戻るそうだ。

慎一はしみじみと妻を見た。

最近の静香は新婚旅行当時と違って、

さすがにお腹もふっくらとしてきている。

しかし、新婚当初の初々しさと可愛さは変わっていない。

と言うより、どんどん若返って見えると言うのが正解かもしれない。

同僚・同期からは2歳違いには見えなくて、

5歳から10歳違うように見えるらしい。

静香は自分を見つめている夫に気がついた。

 

「あっ、あなた来て、手を持ってきて」

「???」

「早く、今、動くわよ」

「えっ?そうなん?どれどれ・・・」

『モゾモゾ』

「あなた、この子たちがお父さんこんにちはって」

「そうなん?うーん」

『モゾモゾ』

「あっ、ほんと」

「そう、この子たちが、ごちそうさまだって」

「そうか、もう僕がわかるんだ。こんにちは」

「ふふふ、きっとあなたの声が聞こえたのよ」

 

何かを察知して部屋から美波が出てきた。

「お母さん、もしかして赤ちゃんたちが動いたの?」

「そうみたい、お姉ちゃんよろしくって」

『モゾモゾ』

「本当感じるわ、こんにちは。お父さん本当におめでとう」

「ありがとう美波、お姉ちゃん、よろしくな」

「うん、私も赤ちゃんたちに会うの楽しみ」

慎一は嬉しくなって、

久しぶりに『静香スペシャル』と『美波スペシャル』を作った。

3人と2人はコーヒーを堪能した。

 

夫婦二人で子供の名前を話し合った。

男の子は、この雄大な大地で育つ大樹のような男になって欲しいと考えて『雄樹』、

女の子は、夏のように明るく美しい子になって欲しいと考えて『夏姫』と決めた。

翌朝、美波に話すとそれはいいと大賛成だった。

(つづく)

40.お化けアパートの怪 1

小説2:『武闘派!』なのに、実は超能力探偵の物語

ある日、小汚い爺さんが、新商売「オールジョブ」へ現れた。

事務所の中を見回しながら、

「探偵事務所と聞いたのに違ってるね・・・」

「は?はい、以前ここにありました事務所は閉められたようです。

 もし私どもに何かできることがあれば・・・」

「うーん、何でも屋だから同じようなものかなあ。

 わしの住んでるアパートに幽霊みたいなものがいるので困っている。

 夜中に部屋がガタガタして、人のような声が聞こえてくるじゃ」

「幽霊なら祈祷師がいいのでは?」

「頼んでも駄目だから来ているのじゃ」

「わかりました。まあとりあえず調べて見ます。

 少し準備するので先にアパートへ戻っていて下さい」

「わかった。楽しみにしておるぞ」

「了解しました。ただあまり期待しないで下さいね。

 ただ調査するだけですから。

 もし本当に幽霊しかいないとわかればお手上げですからね」

「そうか、でも何とかしてほしい」

老人のアパートの場所は奇遇なことに翔が大学時代住んでいたアパートの近くだった。

 

【依頼内容】

依頼人氏名:宮本顕一郎様。80歳。

依頼人状況:無職、年金暮らし。

種類:お化け被害

経過:夜中になると部屋で男性や女性の声が聞こえて、細かい振動で部屋がゆれる。

調査方針:現場の状況調査。犯人の特定。

 

翔は偵察用具及び調査道具一式を詰めて、バトルバイクで出発した。

クライアントの部屋の隣が空いていたのでそこに一時入居した。

窓からは翔が学生時代住んでいたアパートとその向こうに銀行や証券会社が見える

早速クライアントの部屋を訪れた。

6畳ひと間に簡単なキッチンが備え付けられている。

部屋の片隅にある箪笥の上に亡くなった奥さんの写真が立てかけられている。

部屋の中を撮影し、壁などを調査するも特に怪しいところはない。

部屋の隅の畳がポコポコとして歩きづらいが

クライアントがそこに座布団を引いて座っている。

とりあえず夜にまた訪問することを伝えて、事務所へ戻った。

Ryokoにクライアント近辺でのお化け騒動の情報を検索した。

隣のアパートの学生が2チャンネルで、

クライアントの爺さんが祈祷師を呼んだ話をつぶやいている。

彼女といる時でも細かく揺れることもあり

集中できなくて困っているともつぶやいている。

何かが起こっていることは確かなようだった。

(つづく)

1.札幌へ

小説3:さざなみにゆられてー北海道編ー

新千歳空港ボーディング・ブリッジへ慎一と静香は降り立った。

3月末にも関わらず、空港の周辺にはまだ雪が残っている。

ブリッジを流れる空気が肌を引き締める。

北の都の春はまだまだ遠い。

JR快速エアポートに乗り札幌市を目差す。

窓の曇りを掃うと雪に覆われた田畑や街並みが流れている。

二人はそっと手を握り合って窓の景色を見つめた。

 

今晩は札幌市内のホテルで宿泊だった。

最上階のバーラウンジから大通り公園が見える絶好のロケーションで、

前回の新婚旅行時に気に入ったので今回も同じホテルにしたのだった。

社宅もそこから歩いて10分くらいの場所なのでちょうど良かった。

引越し業者は明日の土曜日正午前にくるのでゆっくりとできる。

昼前に美波が引越の手伝いに顔を出すと連絡が入っている。

今度のマンションは勤務先に近い札幌市中央区の分譲マンションを契約している。

 

札幌駅に着いて南口から出ると、

大きなガラスのオブジェに目を引き寄せられ、続いて大きな通りが目に入った。

さすが北海道の3割が集まる人口180万人の都市の玄関口だけはあると感じた。

空気も澄んでいて晴れているから歩こうと考えたが、

まだまだ寒くて静香が風邪でも引き込んだら大変なのでタクシーに乗った。

タクシーの運転手情報では将来的にはこの通りに地下街を作る計画があるらしい。

ホテルに着くと窓からゆっくりと大通り公園を見下ろせた。

今度の月曜日、初出社する銀行の新しい看板が見えている。

静香は米子からの移動に少し疲れたのか椅子に座ってお茶を飲んでいる。

 

最上階のフランス料理のレストランで海鮮コースを頼んで北海道の食材を堪能した。

隣の鉄板焼きの店の方は、明日の親子三人で予約している。

その後、大通り公園を見える席があるラウンジへ入り

静香にはアルコール度ゼロのカクテル、慎一はバーボンのロックを頼んだ。

このラウンジからは、夏の豊平川花火大会の花火やクリスマスや雪祭りの時には綺麗にライトアップされた大通り公園が見えると案内には書かれている。

ホテルも新婚旅行と同じだったことと

ここしばらくの引越準備などから解放されたことで

ほっとしてついつい二人とも気持ちが高まり、

久しぶりにあまり刺激しないように軽く抱き合って眠った。

 

翌日、ホテルのバイキングで朝ご飯を食べてマンションに行く。

すでに待っていた不動産屋から鍵を貰って部屋へ入った。

各部屋は二重サッシの窓で防寒対応がされている。

このマンションも家具が付いているので大荷物は必要なかった。

後藤の家は、不動産屋へ家具付きで貸すこととなっている。

やがて引越屋が来て荷物が搬入されている時に美波がやってきた。

3時間くらいで全ての荷物を運びこみ引越は終了となった。

あとは、じっくりと梱包を解いて整理していくだけの作業だった。

その夜はホテルの最上階の店でステーキを食べて家族3人+2人で舌鼓を打った。

海鮮として出た「伊勢海老の鉄板焼き」はレアな歯ごたえと甘味が舌を直撃した。

北海道内で出た中で一番良いものを仕入れているとコック長が自慢する牛肉は

赤身の味の濃さと刺しの入った脂の甘さが混然と混じり合う秀逸な肉質だった。

(つづく)

39.オレオレ詐欺団を壊滅せよ 5

小説2:『武闘派!』なのに、実は超能力探偵の物語

都倉警部に連絡し状況を話し、暴力団担当と連携することとなった。

また翔の情報を警察内部でも秘密にしてくれるように依頼した。

警部はそのネット情報を聞いて、

百合の身の安全も考えて了承してくれた。

警察内で翔を知っている者には、

探偵事務所は畳んだこと。

群馬の実家を継ぐことになり、東京からはいなくなることを知らせた。

警察内で翔と仲の良かった者は寂しがっているようだった。

 

その日から『Kiryu detective agency』はホームページも含め、

一切の痕跡が消えた。

事務所の後には、『何でも屋 オールジョブ』を開業させた。

所長はもちろん翔だが、

声を変え風采の上がらない中年の変装をしている。

事務員は百合とアスカで共に顔を変えている。

ホームページには金額を高めに設定しあまりヒットしないようにした。

 

都倉警部は、先ずオレオレ詐欺グループの本拠に急行した。

彼らは無実だと主張したが、

金庫に翔の作った偽札があったためそれが証拠となり検挙された。

翔の偽札は『透かし部分がモナリザになっている』のですぐにわかるのだった。

 

次に『川口組』への捜査を始めた。

組員達は刑事達を睨み付けながら立っている。

組長は所用で不在とのことだったが、

翔の事前情報で隠し部屋の存在を伝えていたため、

そこに隠れていた組長と

格納された莫大な数の武器(拳銃、刀、ダイナマイトなど)と共に

組幹部は全員逮捕された。

隠し部屋の凶器そのものに

組長や幹部の指紋もついていたため言い逃れは出来なかった。

オレオレ詐欺グループとの繋がりも否定していたが、

隠し金庫の中から『翔の作った偽札』が出てきて万事休すとなった。

また暴力団担当刑事の殺人・傷害事件の証拠も見つかり

組長や幹部達は、

『凶器準備集合罪・凶器準備結集罪』『詐欺罪』『殺人教唆』などで立件された。

事実上、川口組は解散状態となり多くの組員は散り散りばらばらとなった。

 

この大捕り物のニュースはマスコミを賑わせた。

警察の威信を大きく取り戻した事件となった。

都倉警部は翔へ感謝状を渡したかったが、

翔たちの身に危険が及ぶので取りやめにした。

東京都に翔はいないことになっているので都合が良かった。

しかし、ネットではまだまだ『幻の格闘探偵』の噂で持ちきりだった。

今後は、『何でも屋のオヤジ』を演じて警察へは今まで同様、

可能な時に協力していくこととした。

(つづく)

38.オレオレ詐欺団を壊滅せよ4

小説2:『武闘派!』なのに、実は超能力探偵の物語

翔は噂が気になった。

急いでRyokoに検索させた。

過去の事件解決に関しては、

超人的な武術を駆使して悪党を倒す探偵が関与しているとされている。

近くで見た人間は、大柄な身体に若そうな雰囲気で、

黒いヘルメットだったので顔はわからなかったと言っている。

警察関係の人間だろうと言われており、

特殊部隊出身ではないかとも噂されている。

翔は百合も含めて、今後仕事上では本当の顔を晒さないことを決めた。

京一郎さんに百合用に日本人の平均的な顔つきの仮面と

翔用の外国人版も追加作成してもらう必要があると考えた。

 

クライアントのお婆さんへやはり詐欺グループから再び連絡があった。

その道の相手が『むち打ち症にかかった』ということで

忘れるためには1000万必要と言ってきた。

今度は電話口にその道の人らしい男が出て、べらんめい調で脅してくる。

お婆さんには事前に話していたので

お婆さんは怖がっていう事を聞くふりをしている。

 

弁護士の男が時間通りにやってきた。

その道の人らしき男は首を固定して手足にも包帯を巻いている。

周りをそのお付きが同行している。

前と同じように精巧な偽札を渡している。

お婆さんが孫の無事をお願いしながら家に入っていく。

 

そこに翔が中年の変装の上にマスクをして現れた。

「お前達、誰?何してるの?」

「てめえは誰だ」

「通りすがりのオレオレ詐欺撲滅運動中の人間だ」

「おめえ、どこの誰かしらねえが、いっぺん死ねや」

周りから5人ほどの男が集まり翔を取り囲んだ。

ボスらしき男は短刀を持ち出した。

こうなれば、手下は翔へ向かってこれない。

へたに向かって行くと自分も切られたり刺されたりするからだ。

その男は短刀を舐めて振り回しながらニタニタと笑っている。

相手は怖がって逃げていくと思っている。

翔は、すっと近寄っていく。

相手が驚いたように短刀を持ちなおし構えた瞬間、

短刀を持つ手を押さえたまま、回し蹴りが側頭部に決まった。

驚いた男たちは倒れた男を抱えて必死でお金を持って逃げて行った。

(つづく)

47.業界再編への動き、そして 

小説1:さざなみにゆられて-山陰編-

北海道から帰ってきて二人だけのおだやかで楽しい生活が始まった。

美波が小樽へ旅立ってからここ数か月、さざなみを閉めている。

慎一は夜だけでなく昼も家に帰って食べるようになり、

帰宅するといつも静香にずっといて欲しいと思うようになった。

ある日、慎一は

「もし良かったらこのまま店を閉めたらどうだろう。

 僕は静香ともっともっと二人きりの結婚生活を楽しみたいな」

「本当は私もそうなの。あなたと二人きりでいられたらって思っていたの」

「それなら良かった。ほんとのことをいうと心配だったんや」

「そうね、変なお客もいることは確かだから」

「静香、もっとそばにおいで」

「うん」

 

そんな平和な毎日の中で銀行業界は確実に変わり始めていた。

慎一の勤める銀行も噂段階の合併話がいよいよ本格化し始めた。

業務提携も含めて人間に異動まで俎上に上がってきているらしい。

最近、融資部から

『体調も良いみたいだし、そろそろ戻ってこないか?』との打診が始まっている。

合併と言っても中の人間にとっては所詮競争であって、

社内競争は旧社を交えて従来より厳しくなる。

 

美波は家庭教師のアルバイトとクラブの合宿などで夏休みは帰ってこなかった。

確かに往復運賃を考えるとそう簡単に行き帰りはできる金額ではなかった。

静香はすごく残念がったが、慎一がまた札幌に行こうよと言うと納得している。

夫婦はお盆休みに神戸の実家へ行き、両親と妹夫婦を有馬温泉へ招待した。

女性軍は女性軍だけで温泉めぐりを楽しんでいる。

男性軍は全員が早風呂なだけに時間を持て余して、

妹の子供の遼君と温泉街探検をして時間を潰した。

慎一は父親の顔つきがおだやかで楽しそうなのでほっとしていた。

 

大山が初冠雪し、その美しい姿を米子市民へ見せた日の夜、

夕食後ゆっくりとお茶を飲んでいると、静香が頬を赤くして

「ねえ、あなた、出来たわよ・・・」

「えっ?」

「赤ちゃん、それも双子だって」

「えっ?双子?そうなん?やったあ、ありがとう、静香」

慎一は大喜びで静香を抱き締めた。

「最近、来ないなあと思って、

 それに少し胸が張った感じもするのでお医者さんへ行ったの。

 そしたら、『ご懐妊おめでとうございます。双子ですよ』って言われちゃった。

 なんか恥ずかしいやら嬉しいやら・・・」

「ありがとう。大事にしてよ」

「はい、大切にします」

「でも悪阻とかで色々と大変なんやろ?心配や」

「私は悪阻とかそんなに重くないから安心して」

「なら、いいけど、重いもんとか絶対に持ったらあかんよ」

「はい、わかってます。これでも経験者だから」

「そうなんやろうけど、双子は初めてなんやから大事にしてよ、それだけ」

「はーい。わかりました。あなたはこの子たちの名前でも考えていてね」

「・・・この子たち・・・」

慎一はまだ見ぬわが子たちのいるであろう静香のお腹に

そっと手を当てると聞き耳を立てた。

「ふふふ、まだまだ聞こえませんよ。

 美波もあなたもほんとにせっかち親子ね」

「そうや、すごく嬉しい。でも静香が心配やから無理せんといてな」

「はーい、わかりました。

 生まれる前からこんなになっちゃって、生まれたら大変ね」

「そらそうやろ、静香の子供やから女の子ならきっと可愛いと思うなあ」

「まだどちらかわからないわよ。もしかしたら男の子と女の子かも」

「そうやな、元気だったら、それが一番」

「そうね、あなた、とうとう本当にお父さんね」

「うん、美波も可愛いし僕は幸せ者やなって、しみじみと思う」

「私も美波もこの子たちもあなたがお父さんできっと幸せよ」

 

そんなこんなでお正月は大事を取って米子でゆっくりと過ごし、

冬休みで帰ってきた美波も大喜びでずっとお腹を触っている。

夜、布団の中で静香が

「ねえ、あなた、私も年だから、あなたとの子供が早く欲しいと思っていたの

 本当に良かったと思ってるわ」

「年やなんて、全然やで、すごく可愛いし、まるで新妻みたいやで」

「ありがとう、でも新妻って言い過ぎよ。恥ずかしいわ。私が知らなかっただけ」

「困ってる?」

「ううん、すごく幸せ。あなたの胸って温かいから」

「僕はこんなに素敵でしっかりしてる静香と一緒で居ることが嬉しいんや。

 最高の奥さんやと思う。子供ができるできないは二の次やと思ってた」

「ありがとう、そんなにまで思ってくれて、でも赤ちゃんは欲しかったの」

「そうなんや、赤ちゃんができて良かったね。

 だけど僕には静香が一番、身体を大事にしてな」

「はい、大事にします」

静香のお腹が安定期に入った頃、慎一へ人事部から異動の辞令が出た。

やはり、静香の希望通りに合併後の新銀行の「札幌支店 融資部」、

肩書きも4月から課長代理(支店長代理)となっての栄転だった。

(終わり)

 

あとがき

拙い小説をお読み頂きありがとうございました。

これからも3人の物語はまだまだ続きます。

『さざなみにゆられて-北海道編-』をお楽しみに・・・

 

(引用情報:ネット)

この小説を書くにあたり活用した情報元は以下です。

鳥取県公式ホームページ、鳥取市公式ウェブサイト、米子市公式ホームページ、

倉吉市行政サイト、鳥取県観光案内、島根県観光ナビ、神社仏閣・観光地の公式サイト、その他、筆者が山陰地方に住んでいた時に知った情報も追加しました。