はっちゃんZのブログ

スマホの方は『PC版』『横』の方が読みやすいです。ブログトップから掲載されています作品のもくじの章の青文字をクリックすればそこへ飛びます。

46.初めてのくちづけ

「お化けアパートの怪事件」解決後、

ふと学生時代の百合とのことを思い出した。

ある日の夕方、

翔がアパートへ向かって歩いているとミーアが走ってくる。

不思議に思い抱き上げるとミーアは何かを知らせるように鳴いている。

アパートの鍵を閉めているのに関わらず

ミーアが外出するのはおかしいことに気がついた。

部屋の合鍵を持っているのは百合だけだった。

翔は嫌な予感がして急いでアパートへ向かった。

翔の部屋のドアが閉められている。

急いでドアを開けると真っ青な顔の百合が

見たことのある若い男を後手に極めている。

最近、このアパートに越してきた男だった。

百合を見る眼が嫌な感じだったので覚えていた。

 

「ほう、もう戻ってきたのか、あと少しだったのに残念だったな。

 しかし、この女、合気道が出来るとは誤算だった。

 でももう少しでこの技を解くところだったんだけどねえ」

 男の左手がポケットへ入れられている。

「百合、手を離せ。後は俺がやる」

「警察に渡した方がいいのじゃないんですか?」

「いや、こいつはそんなことでは懲りないよ。おい、外に出ろ、

 百合は鍵を閉めてここにいて」

 

百合の方へ視線を投げた瞬間、

「そんな話、聞けるはずないだろう?今、お前をやってやるよ」

男は翔に向かってポケットのナイフを投げつけた。

翔は、サッと身体を開いてナイフを避けると

すっと近寄り隙の空いた男の右脇腹へ拳を入れた。

角度的に肝臓を直接揺さぶる体重の乗った拳で手首まで埋まっている。

『ウグッ』

吐かれると面倒なので男の襟をもって外に放り出した。

 

あばら骨の一番下にひびくらいは入ったかもしれない。

しかし、それ以上に痛く苦しい拳だった。

ボクシングでもこのパンチを貰うと

息が出来なくなって身体の力が抜けてくる。

そして抑えきれない痛みと苦しみが内臓からこみ上げてくる

男は地面で腹部を押さえて転がりながら涙を流して吐いている。

次に翔は腕と脚と背中の痛点を刺激するツボへ一本拳で入れていく。

男は新たに与えられた全身の激痛にのた打ち回った。

「止めてくれ、もう近づかないから、すぐに引っ越すから」

「もし今後近くで見かけたら、これくらいの痛みでは済まないからな」

「はい、わかりました。許してください」

翔は交番へ連絡して、

男の指紋のついたナイフと百合の証言もあり

翔の正当防衛となり男は逮捕された。

 

二人で部屋に戻ると百合が真っ青な顔をして座った。

翔はコーヒーを入れて、

百合の前へカップを、ミーアの前にはミルクを置いた。

カップへ伸ばす指が細かく震えている。

カップを落とさないように両手でコーヒーを飲んでいる。

ミーアが心配そうに見上げて膝に頬を擦り付けている。

翔が心配そうに隣に座る。

「翔さん、とても怖かった。

 人間ってあんな顔つきができるのですね。

 あの血走った目、

 あの吊りあがった舌なめずりしている口、

 思い出すだけで身体の中から震えが止まりません。

 私は不覚にも最初は全く動けませんでした。

 お願いです。百合の身体をしっかりと抱きしめてください」

 

翔はそっと抱きしめた。

百合は翔の胸に頬をつけてじっとしている。

まだ細かい震えが感じる。

お嬢様の百合にとって、

自らを獣欲の対象として見られた経験は無かったため

その衝撃は普通ではなかったと思われた。

「あのまま、翔さんが来るのが遅れていたら、

 私はきっとあのナイフで刺されたのですね」

「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

 単に脅すつもりだったのかも」

「でも翔さんに投げつける時は何の躊躇もなかったです」

「ああ、だからあんな獣には警察引き渡す前に

 僕達の前に二度と現れないような痛みを与える必要があった」

「私は本当に怖くなりました。でも翔さんが駆けつけてくれて良かった」

「ああ、ミーアの様子があまりに変だったから、

 俺も心底ほっとしてる。

 今後は俺の部屋に来る時は連絡することにしよう」

「はい、翔さん、とても翔さんの胸って大きくて暖かいです。

 震えが止まるまでしばらくこうさせてください」

「いいよ、百合・・・・」

 

百合の目が閉じられて翔の方へ向けられた。

翔もまだ少し震えが残る細い身体を抱きしめて唇を重ねた。

二人とも初めてだったので唇をつけただけだった。

唇が離れた後、百合は頬を染めキラキラ光る瞳で翔を見つめていた。

(つづく)