読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっちゃんZのブログ

スマホの方は『PC版』『横』の方が読みやすいです。ブログトップから掲載されています作品のもくじの章の青文字をクリックすればそこへ飛びます。

13.ストーカー事件を解決せよ! 1

ある日、クライアントから立て続けに新しい依頼があった。

【依頼内容1】

依頼人氏名:安達 玲奈様、30歳、

依頼人状況:一人暮らし。化粧品会社業務課勤務。

      最近年下の彼(高村 正志、27歳)と別れる。

      彼が犯人かもしれないが現在は行方不明。

      今の部屋はサークルで仲良くなった彼に薦められて入居。

      サークル名は『小さな幸せ探しサークル』

種類:ストーカー被害

経過:日常的に監視されている感覚があり、スケジュールも把握されている。

   家にも侵入されている痕跡がある。

   警察に言っても、事件が起こっていないと相手にしてくれない。

調査方針:自宅での盗聴装置等の検出及び回収。

     ストーカー相手の調査。

【依頼内容2】

依頼人氏名:木村 由香様、28歳、

依頼人状況:一人暮らし。事務機器会社勤務。

      最近年下(高林 正志、25歳)の彼と別れる。

      今の部屋はサークルで仲良くなった彼に薦められて入居。

      サークル名は『独りでも幸せになるサークル』

種類:ストーカー被害

経過:日常的に監視されている感覚があり、家にも侵入されている痕跡がある。

   会社からの帰り道につけられている感じがして気持ち悪い。

調査方針:自宅での盗聴装置等の検出及び回収。

     ストーカー相手の調査。

【依頼内容3】

依頼人氏名:志村 華子様、29歳、

依頼人状況:一人暮らし。医療機器会社勤務。

      最近年下(村林 正志、26歳)の彼と別れる。

      今の部屋はサークルメンバーで仲良くなった彼に薦められて入居。

      サークル名は『風水で幸せになるサークル』

種類:ストーカー被害

経過:日常的に監視されている感覚があり、家にも侵入されている痕跡がある。

   最近、不審な人間を見たことがあり怖い印象がある。

調査方針:自宅での盗聴装置等の検出及び回収。

     ストーカー相手の調査。

 

同じような依頼が続くのも珍しいが、

彼女たちの様子を見てかわいそうになり、安心させるためにも引き受けた。

ただし、翔が部屋を訪問する際は、監視されている可能性も考えて、

軽く変装する事を伝えその顔も目の前で見せた。

中年の親父の変装だったので彼女達は大笑いをしている。

 

その後、都倉警部がやってきてこの前の捕り物のボスだった中国人は一切自供せず、

黙秘を続け現在に至っている。名前さえも自白していない。

スナックの夫婦は何も組織については知らなかったようだ。

 

先ずは部屋の盗聴・盗撮機器の調査からだった。

変装の上に野球帽を目深にかぶりカメラ内蔵眼鏡をつけて部屋へ入った。

①安達さんの部屋は、オートロックのマンションの2階角部屋。

 盗聴・盗撮装置は全部で3つ。

 寝室の照明内、浴室のランプ下、リビングのコンセントだった。

②木村さんの部屋は、オートロックのマンションの2階角部屋。

 盗聴・盗撮装置は全部で3つ。

 寝室の照明内、浴室のランプ下、リビングのコンセントだった。

③志村さんの部屋は、オートロックのマンションの2階角部屋。

 盗聴・盗撮装置は全部で3つ。

 寝室の照明内、浴室のランプ下、リビングのコンセントだった。

  

全ての盗聴・盗撮装置は同じ規格で同じ程度の新しさだった。

あまりの共通点に翔はその異常性を感じた。

個人的に設置するのは不可能なところが多いからだ。

電波発信のない盗撮装置の可能性が捨て切れなかったので、

再度、部屋内を詳細に調査すると

果たしてリビングの壁の取り付けライト部分の根元部分に盗撮装置が入れられている。

これは配線が天井部分を通り外部へ出ていた。

このような場合は、建設当初からそのように設計されていないとできない筈だった。

クライアント達は、盗聴・盗撮装置が撤去されたので安心しているようだった。

 

翔はここまで大掛かりな装置は組織の可能性が高いと感じ、

安心している彼女達へ目立つ発信装置を渡し、

内緒でハンドバックや身につけるものに多くの聞き耳タマゴをそっと着けた。

彼女達にはここしばらくの外出の折には安全を見て、

「おしゃべりタマゴ」を耳の後ろに張るようにお願いした。

仮に不要になれば内部に格納している証拠隠滅用酵素で分解すればよいだけである。

 

また、もう一つ気になる点があった。

マンションの入口から見えるコンビニの前あたりで、

少し前の言い方ならばチーマーのようなガラの悪い人間がたむろしていることだった。

彼らにとってはコンビニの前は常にたむろする場所なのでいてもおかしくはないが

夜型の彼らがこんな朝の時間にいるのは少し疑問だった。

帰りに別の場所からカメラ内臓眼鏡で彼らを全て撮影した。

 

早速、事務所に戻って、ネット調査を開始した。

①クライアントの住んでいるマンション

建物名  :UKマンション1~3号館

賃貸条件 :リビング付き家具付きワンルーム家賃5万円

不動産会社:UK不動産

建設会社 :UK建設

 

②3人のクライアントの元彼氏

名前:高村正志、高林正志、村林正志

   ネット上で写真が出てきているものを精査していくと

   同一人物であることが判明。

年齢:25歳から27歳。

勤務先:UK不動産。営業。

犯罪歴:結婚詐欺罪の前歴有り。

サークル所属:『小さな幸せ探しサークル』『独りでも幸せになるサークル』

       『風水で幸せになるサークル』

 

③UK建設

マンション建設が中心。ここ10年ほどで急成長してきた会社。

建設したマンションは、UKマンション1~3号館

社長 鵜飼 元(うかいはじめ)

 

④UK不動産

UK建設傘下の専用不動産会社。

物件はUKマンション1~3号館のみ。1室5万円と格安物件ばかり。

社長 鵜飼 貢(うかいみつぐ)

 

⑤UKマンションの噂

ここ5年くらいで何人もの女性が行方不明になっており、

UKはゆくえふめいの頭文字だとの2チャンネル話があった。

ケムリ情報だが百に一、万に一でも本当であれば大変だった。

(つづく)