はっちゃんZのブログ

スマホの方は『PC版』『横』の方が読みやすいです。ブログトップから掲載されています作品のもくじの章の青文字をクリックすればそこへ飛びます。

54.翔、初めて葉山館林家へ 4

「ほう、その顔つき、やっと本気の力を出しそうだな。さぁ、きなさい」

「はい」

そこからは現在の翔が持つ最高のスピードと力で戦ったが、

とうとう爺さんには触ることもできなかった。

そして最後には又もや壁板へ叩きつけられた。

「よし、今日はここまで、翔君、なかなか鍛えてはいるがまだまだだ。

 もっともっと精進しなさい」

「はい、ありがとうございました」

「翔君、ところで百合との付き合いだが・・・」

『ゴクッ』

「まあ百合との付き合いは許そう。

 その代わりどんなことがあっても百合を守りなさい」

「はい、そのつもりです」

「君はなかなか筋がいい、我が一族に来てほしいくらいだが仕方ない。

 今後は百合とちょくちょく顔を出して、わしの相手をしなさい」

「はい、わかりました」

 

爺さんと二人、道場で正座をして向かい合った。

「聞いておきたいことがある、今後の事じゃ、将来はどんな仕事に就きたい?」

「はい、今それを考えていまして、弱い人困っている人を助ける仕事を考えています」

「警察ではなさそうな感じじゃな?例えば私立探偵とか?」

「あっ、そういう仕事ってテレビの中だけと思っていました」

「いや、普通にあるぞ。ただ浮気調査とかばかりだがな」

「浮気調査とかは・・・うーん。嫌です」

「そういうと思った。それなら『何でも屋』のような感じでやればいいだろう。

 浮気調査が嫌ならば断ればいい。

 実は新宿にある持ちビルの二階の部屋が空いている。そこを使ってみないか?

 事務所の奥にも広い部屋があるので寝泊り兼トレーニングルームとすればいい」

「はい、ですがそんな良い場所の部屋代はたぶん払えません」

「そうだな、月1万円でどうだ?

 1階の不動産屋が管理しているからお金が出来次第、支払ってくれればいい。

 実は変な人間には貸せないので困っていたところだった」

「1万円?すごく安いですね。助かります。これから資格とか取ります」

「探偵は普通自動車免許を持っていれば大丈夫。

 後は開業申請を出すだけで良いはずじゃ」

「そんな簡単なものなのですか・・・驚きました」

「自分の食い扶持くらいは稼ぐのじゃぞ、これで君の仕事は決まった。

 憂いがなくなれば後は鍛えるのみじゃ、がんばるのじゃ」

「はい、ありがとうございます」

「これからは君の正義を全うしなさい」

これで翔の大学卒業後の仕事は決まった。

(つづく)