読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっちゃんZのブログ

スマホの方は『PC版』『横』の方が読みやすいです。ブログトップから掲載されています作品のもくじの章の青文字をクリックすればそこへ飛びます。

45.お化けアパートの怪 6

「・・・翔、お願い、目を開けて、翔・・・」

百合の必死の声が聞こえてくる・・・

頬に落ちる水滴にふと気づくと目の前に百合がいた。

翔はバトルカーの近くの路上へテレポートしていた。

全身がバラバラになりそうな痛みが襲ってきた。

警部へ急いで連絡を入れる。

警察隊も苦戦しているらしい。

まさかバズーカ砲や手榴弾まで用意されている相手とは思わなかった。

多くの警官が負傷している。

近寄ることも出来ないし、相手は死にも狂いだった。

組長の弔い合戦と考え、死んでもいいと思っている。

 

相手の武器を沈黙させる必要があった。

翔はバトルカーの武器庫から、

3D画像投影装置『朧(おぼろ)式タマゴ』をクモママに搭載し、

麻酔薬の入った痛みの感じない細い針を飛ばすことのできるクモパパを出動させた。

警部へ作戦を伝え、敵が寝静まるまで待つように依頼した。

クモ夫婦を現場へ直行させた。

現場は薄暗い上にクモ夫婦は体色背景同化機能があるため

見つからないまま敵の近くへ移動していく。

ただ敵は瓦礫などに身を隠していて

その場所がわからないので場所を確認する必要があった。

クモママ搭載の3D画像投影装置を使い、何もない空間へ警官を出現させ、

そこへ敵の射線を集中させる。

場所の判明した敵に向かって、天井部分からクモパパが麻酔針を飛ばしていく。

やがて銃声がしなくなった。

クモパパからの情報で全員睡眠状態に入ったことが判明し警部へ連絡した。

警察はスヤスヤと眠っている泥棒夫婦と組員らを逮捕できた。

 

クライアントのアパートへ救急車が停まった。

そしてクライアントの部屋へ救急隊員が向かっていく。

クライアントは真っ青な顔をして狂ったように叫んでいる。

「婆さん、わしを許してくれ。金のためにお前を埋めたことを許してくれ。

 ナンマンダブ、ナンマンダブ」

病院へ警察が急行し事情聴収された。

クライアントの爺さんは、何年も前に死んだ婆さんを生きていることにして、

婆さんを床下に深く埋めて、ずっと年金を騙し盗っていたらしい。

このたびの戦いでの地下道の爆風で

地下に埋まっているはずの半分白骨化した婆さんが畳を吹き飛ばし、

地中から飛び上がり、寝ている爺さんの上に転がってきた。

爺さんは、突然婆さんが襲ってきたものと勘違いしたらしい。

(つづく)