読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっちゃんZのブログ

スマホの方は『PC版』『横』の方が読みやすいです。ブログトップから掲載されています作品のもくじの章の青文字をクリックすればそこへ飛びます。

6.二人でコーヒー

ある土曜日に札幌市を一望に見渡せる藻岩山をロープウェイで登った。

展望台からは日本海や札幌市の街並みの全景が綺麗に見えている。

夜景だったらどんなに綺麗だろうかと感じた。

下山してきた場所に喫茶店があった。

『ろいず珈琲 旧小熊邸』

外側にはテラスもありそこでもコーヒーが飲める。

今回は邸内で飲むこととした。

歴史を感じさせる建物でテーブルについて小熊邸の説明を読んだ。

北海道帝国大学農学部で教鞭をとった小熊博士の自宅だったらしい。

二人は店の名前の付くコーヒー『ロイズコーヒー』を頼んだ。

少し小腹が空いたのでハムチーズトーストも追加した。

 

『ロイズコーヒー』

一口飲むだけでその旨さに目を見張った。

挽きたての香りが鼻をくすぐり

変な苦味は一切なく酸味も適度ですっきりとして非常に飲みやすかった。

コーヒーの苦みが苦手な静香でさえも『おいしい』と目を見張った。

『ハムチーズトースト』

ハムとチーズが各々2個ずつフランスパンに乗せられ焼かれていた。

トロトロに溶けたチーズはフランスパンとの相性が良かった。

適度に焼けた塩味のハムはフランスパンにより甘味を与えた。

コーヒーとも絶妙に合うその味は秀逸だった。

この日を境に二人は時間が出来ればこの喫茶店に行くようになった。

 

静香は夫の仕事に打ち込む姿を見て、

家庭もないがしろにせず仕事もこなす夫を今更ながら好きになった。

やはり男は仕事である。

たまに夫に時間が出来た時には、夫の疲れが取れるよう常に心掛けた。

毎日へとへとで帰ってくる夫へ地元のものを使った元気の出るご飯を作った。

北海道は食材の宝庫で、静香には料理の研究もできて非常に楽しみだった。

二人の赤ちゃんも元気で1日1日とお腹が大きくなってきている。

マンション近くにある病院の産科婦人科へ受診し準備している。

昼間は二人の赤ちゃん用の下着や手袋や靴下を縫って過ごした。

夫は帰宅後それを見て触って、目を細めて喜んでいる。

夫にとっての癒しの時間は、静香とお腹の赤ちゃんと過ごす時間だった。

(つづく)