はっちゃんZのブログ

スマホの方は『PC版』『横』の方が読みやすいです。ブログトップから掲載されています作品のもくじの章の青文字をクリックすればそこへ飛びます。

さざなみにゆられて-山陰編ー 1.赴任

「次は米子、米子」

慎一は軽く背伸びをして手元にある人事異動通知書を見た。

               人事異動通知書

高松支店融資部 

日下 慎一  殿

                         関西中央銀行本店

                         人事部長 清水 英雄

貴殿を平成8年4月1日付で山陰支店への異動を命ずる。

                                   以上

岡山駅を11時過ぎに発車した特急やくも9号は、13時過ぎに米子駅へ到着した。

 今日3月31日はちょうど日曜日であり、

職場への初出勤の明日月曜日が、新年度の始まりでもあり、

少しハードだが気持ちの切り替えには最適なスケジュールだった。

昨日まで慌しい期末決算月を何とか乗り切るために駈けずり回り、

土曜日夜まで引継ぎ資料作成に時間がかかり、

ほっと一息つけたのは日付が変わってからだった。

 今朝四国の窓口と言われる香川県高松市から瀬戸大橋線を渡り、

多くの貨物船が通るおだやかな瀬戸内海の景色を楽しみつつ岡山県へ入った。

岡山駅で専門店のコーヒーを買い、伯備線から米子行き特急列車に乗り換えた。

 岡山駅を出発してしばらくすると街並みも疎らになって多くの緑が目に入ってきた。中国山地へ入ったようだ。

新緑の季節を迎えるための準備に入ったかのような勢いが木々達には感じられた。

車窓を流れる山間の小さな集落、

樹木に囲まれた小さな駅、

川の流れから飛び立つ山鳥の姿などを楽しみながら

いつしか眠っていた自分に気がついた。

さきほどのアナウンスで目覚めたのだ。

 あと1時間くらいで引越のトラックが着く時間である。

米子駅を出ると急いで会社から渡された社宅までの地図を取り出し向かった。

社宅の「道笑町マンション」は10分も歩くと見えてきた。部屋は508号室であった。

玄関からエントランスを通り、

管理人へ挨拶を済ませエレベーターに乗り最上階の部屋へ向かった。

 部屋のドアを開けて真っ先に目に入ったのは、

南東の窓から見える綺麗な形の山だった。

米子市全体を見守っているようなそんな立派な姿の山と感じた。

 窓を開けながらベランダで街並みなどを見ているとインターフォンが鳴った。

引越業者が来た。

元々家具付きの部屋と言うこともあり、数年毎の転勤が慣例化しており独身のため、

あまり家具もないので搬入時間はあっと言う間だった。

少し落ち着いたのでまずはコーヒーでも飲んで

軽く腹ごしらえをしようと考え近くを散策した。

 少し歩くとアーケード街が見えた。「元町サンロード」となっており

歩道は狭く鄙びた風情があった。

あまり歩行者はいないが、

小物売りの店には女子高生達が集まって楽しそうに笑っていた。

「フワリ」と突然背中に柔らかい衝撃を感じて振り向くと、

一瞬女子高校生らしき顔が目に入った。

「ごめんなさい」

「ああ、別にええよ」

慎一の声を聞いて、女子高生は視線を慎一の顔へ戻し「良かった」と白い歯を見せた。

 その女子高生は健康的に日焼けしており、

陽が当たると少し茶色がかったように見える長い黒髪を

ポニーテールにまとめた細面の可愛い女の子だった。

彼女達はすでに「もうあんたが押すからじゃない、やめてよ」

などと笑いあって小物店に入っていった。

 このアーケード街は少し歩くとすぐに終わってしまい、

戸惑っていると馥郁としたコーヒーの香りが漂ってきた。

「珈琲浪漫」の看板がありその立派な木製の扉を開けた。

「カラーン」「いらっしゃいませ」とマスターの声。

 慎一は、メニューから「ハワイコナ」を選び注文した。

いつもは「ブラジル」だが、今日は特別の日だったからだ。

マガジンラックの地方紙「ザ・米子」を手に取り読み始めた。

 米子市の人口は約15万人で、場所は鳥取県の西側島根県に近いところにあり、

山陰地方のほぼ中央に位置する町で、

東には「伯耆富士」とも呼ばれる国立公園大山(だいせん)、

西には日本で2番目の大きさの中海という汽水湖が広がっており、

豊かな自然に囲まれており古代出雲王国とも関わりが深く

紀元前から歴史を持つ土地のようだった。

ドライブが趣味で神話や神社を好きな慎一には魅力ある土地に映り、

非常に楽しみだった。

 翌日の出社からしばらくは毎晩遅く部屋に戻る日々が続いた。

ご飯もそこそこに食べてはくたくたに疲れて眠る毎日だった。

慎一にとって慣れない初めての土地でもあり、

融資成績がここ数年低迷している融資部へのてこ入れのために、

新規開拓で力を認められ異動した自分の立場を自覚して、

1日でも早く土地の状況を理解し戦力になりたいと思っていたからだった。

やがて1ヶ月が瞬く間に過ぎ去った。

(つづく)