はっちゃんZのブログ

スマホの方は『PC版』『横』の方が読みやすいです。ブログトップから掲載されています作品のもくじの章の青文字をクリックすればそこへ飛びます。

2.「さざなみ」初来店

明日から久しぶりの大型連休で十連休となった。4月は年度初めであり、

高い目標で動いたが融資部としてもなかなか成績は上がらなかった。

4月27日は恋人や家族との旅行を控えた人が多いようで口々に「お疲れ様でした」と

そそくさと退社していく。

慎一は特に計画もなかったが、米子市近辺のドライブをと考えていた。

 

今日の晩御飯は久しぶりにゆっくりと食べてみようと

米子市の繁華街の一角と聞いている角盤町へ行くこととした。

角盤町の路地には夕暮れに家路へと急ぐ人達に混じり、

もうだいぶアルコールが入った様子の数人もいる。

町の様子を見ながら少し細めの路地へ目を移した。

 

小さな看板で「さざなみ」と板書された小料理屋が目に入った。

暖色系のライトに照らされ、

さざなみの四文字を抜き取った水色地の新しい暖簾が下がっている。

暖簾から中を覗くともうすでに数名のお客さんが入っており、

酒に染まった赤い顔で大声を上げて笑っている。

あまり変な店でもなさそうなので新規開拓に自分用の店として入ってみることとした。

「いらっしゃいませ。こちらのカウンターへどうぞ」

「とりあえずお絞りをどうぞ」

慎一は熱々のお絞りで顔や手を拭きながらそっと店内を見廻した。

「小料理屋さざなみ」は小さな造りだった。

カウンター席は8席、奥に6名ほど座れる畳の小あがりがあった。

女将さんお客を一人で捌いており、

髪をアップにして着物に襷掛けをして料理を作っていた。

その横顔をどこかで見た記憶があったが思い出せなかった。

「女将さん、まずビールにしてください」

「はい、生ビールにされます?瓶にされます?」

「最初の一杯は生ビールにします」

「はい」

中ジョッキにビール七割、泡三割の生ビールが手元に運ばれてきた。

久しぶりのビールを一気に流し込む。

冷たくほろ苦い柔らかい液体が喉を通り、疲れた身体の隅々まで広がった。

知らぬ間に目が閉じられ、五臓六腑に染み渡る心地良い痺れを堪能した。

「これは、お通しです。『白イカげその酢味噌和え』です。」

「白いか?ふーん。初めて聞きました」

「えっ?お客様、米子は初めてですか?こちらは山陰地方のイカなんですよ」

お通しを一切れ口に運んだ。

ちょうどいい塩梅に湯引きされており、小気味よく歯で切れる。

舌には小さな吸盤が当たり、噛んでいくとイカの甘みが口一杯に広がった。

イカ好きの慎一は今までたくさん食べて来ているがこれほどのものは初めてだった。

「美味しいでしょ?このイカは年中美味しくて米子の人は大好きですよ」

「うん。これはおいしい」

「では白イカを刺身にしましょうか?」

「うん。お願いします」

女将さんは慎一の目の前で手際良く白いかを捌き、胴体を糸作りにしている。

店の中をよく見ると他の客も白いかの刺身を頼んでいる。

ビールを飲みながら女将さんの包丁裁きに見いっていたが、

ふと襷掛けしている着物の袖から二の腕が一瞬見えて、

少し心臓のリズムが早まったのを感じた。

「はい、どうぞ。次は何をお飲みになりますか?」

「では、次は瓶ビールにします」

『白イカの造り』は、瑞々しく光った半透明に透き通る刺身が綺麗に並べられていた。

先ず、刺身に山葵を少し盛り、そっと持ち上げる。

山葵を落とさない様に注意して、刺身の端へ醤油をそっと付けて口に運ぶ。

刺身の角が立っておりイカ特有のつるりとした感触が舌に触れ、

歯でそっと噛んでみると、やや厚めの肉質にわずかな抵抗があり、

噛み切ると切れ端が歯茎や舌に跳ねるほど弾力に富んでいる事が驚きだった。

それ以上にそこから訪れる甘みの世界は秀逸だった。

 

慎一の仕草を微笑ましく見ている女将と目が合うと

「いかがですか?まあビールをどうぞ」

「いかがですか?うまい洒落ですね、ははは。本当にうまいイカですね。驚きました」

「それは良かった。気に入ってくれてうれしいです」

女将さんと地の魚や米子のことなどを聞きながら、

この四月に四国から転勤してきたこと、

この一ヶ月殆ど休む間のなかったことを話した。

「四国なんですか?関西の人と思っていました」

「ああ、生まれは神戸です。転勤族ですから色々なところに行ってます」

「神戸?そうですか。私も若い時、少しですけど神戸にいた事があります」

「そうなんや。それは奇遇やねえ」

「そうですね。もうあまり覚えていませんが・・・」

「でも、それはすごくうれしい。またここに来る楽しみが増えた」

「ありがとうございます。いつでもお待ちしています」

女将さんは、刺身がなくなると野菜の煮つけや肉の炒め物など

色々と違う品を出してくれるので慎一は満腹になった。

ここ一ヶ月の疲れもあり腹が一杯になると眠くなるものでもう帰ることにした。

 

お勘定をしてもらい外に出るとポニーテールの女の子とすれ違った。

どこかで見た記憶があると考えながらマンションに帰り、

風呂へ入りすぐにベッドに横になった。

久しぶりの気持ち良い睡眠だった。

その夜の夢は、なぜか「さざなみ」の女将さんと

この前アーケード街で出会った女子高生が出てきて、

二人が作った巨大白イカの造りを必死で食べている慎一がいた。

(つづく)