はっちゃんZのブログ

スマホの方は『PC版』『横』の方が読みやすいです。ブログトップから掲載されています作品のもくじの章の青文字をクリックすればそこへ飛びます。

15.誕生

金曜日の夜にとうとう記憶にある痛みが襲ってきた。

夫へすぐに声を掛けて、

入院グッズの詰めたカバンと一緒に病院へ連れて行ってもらった。

生まれるにはまだ時間がかかることを伝えて、外で待ってもらった。

夫は美波へ連絡しているみたいだったが、

電車時間も終わって明日の朝に来ることになったようだ。

 

だんだん痛みと強張りの感覚が短くなってくる。

呼吸を整えて、その時を待った。

そこからあの時の痛みと苦しみが始まった。

二回目なので不安もなく思ったより早く軽い出産だった。

まず一人目の声が響き渡った。

しばらくすると再度あの痛みと苦しみが始まった。

そして二人目の声が響き渡った時に静香から安堵の涙が出た。

二人の赤ちゃんを抱きしめて、交互にその可愛い頬へ口づけをした。

 

部屋へ運ばれていくと緊張している夫が入ってきた。

双子を一人ずつ抱きしめて見せると夫が笑っている。

夫へ抱きしめるようにすすめる。

「静香、ありがとう。よくがんばったな。おお、よしよし」

『こんなにちっちゃい、壊れそうで怖いなあ』恐る恐る交互に抱っこしている。

静香は大仕事を終えてほっとして家族を見つめていた。

 

当日は新生児ルームで眠っている雄樹と夏姫に母乳を飲ませに行っている。

翌日急いで札幌へ戻った美波は、二人を大喜びで抱っこしている。

二人は静香の隣に眠っている。

夫はずっとマスクをつけて見つめている。

嫌がる夫を説得して月曜日からは仕事へ行かせた。

病気じゃないから休ませる必要はなかったからだった。

『もう少しすれば家で一緒に暮らすから』と安心させた。

夫は後ろ髪を引かれるように仕事へ行った。

 

1週間後、医師より母体も子供たちも大丈夫という診断が出て、

夫へ連絡し病院に迎えに来てもらった。

家に帰ってからずっと夫は子供二人のそばから離れなかった。

来週土曜日には神戸から夫の両親と妹夫婦、仙台から母親と兄夫婦がくるらしい。

(つづく)

広告を非表示にする