はっちゃんZのブログ

スマホの方は『PC版』『横』の方が読みやすいです。ブログトップから掲載されています作品のもくじの章の青文字をクリックすればそこへ飛びます。

16.子供たちのお披露目

神戸から慎一の両親と妹夫婦と子供、仙台から静香の母親と兄夫婦が札幌へ来た。

全員札幌は初めてで夏場にも関わらずその湿気の無い気候に驚いている。

神戸組5人は日帰り、仙台組は3人なので一泊を予定している。

せっかくなので全国でも有名な円山『すし善 本店」の別棟の離れ座敷を用意した。

 

料理は『懐石 善』

前菜・吸物・刺身・鮑ステーキ・煮物・小鉢・寿司8個・味噌椀・デザートの9品。

北海道を始めとして全国から旬の食材を取り寄せての膳で全員大喜びだった。

特に以下は特筆すべきものだった。

『刺身』

 今朝取れスルメイカ、大間産のマグロ(トロ、赤身)、ボタンエビ、塩水ウニ、

 ホタテ、ホッキガイの盛り合わせは、それぞれが主張しあい美味しかった。

『北海シマエビとアスパラガスの和え物』

 旬の北海シマエビと旬のアスパラガスの甘みをより強調した肝の和えもの。

『蒸しあわび』

 九州から取り寄せた質の良い鮑をふっくらと蒸しあげており、

 その旨みは噛むほどに口中に広がってくる。

『握り寿司』

 食材毎に吟味された職人の仕事が生きており、さすが『すし膳』と言える味だった。

穴子にぎり』

 築地から取り寄せた穴子を使っており、ふわっと柔らかな上品な食感が最高だった。

 江戸前の寿司と同じで大変美味しかった。

夕張メロン

 しつこくない甘みと口の中をさっぱりさせる最後のデザートには最高だった。

美波はこれまで何度も回転すしを食べて十分に美味しかったので満足していたが、

『これを食べてしまっては回転してる寿司はもう食べられない』と悲しがっている。

 

雄樹と夏姫は、母乳をよく飲みよく寝てすくすくと育っている。

顔つきも雄樹は何となく慎一似、夏姫は静香似で見ていて飽きない。

静香、美波、夏姫と並ぶとみんな良く似ていて可愛かった。

赤ちゃんたちは空中の何かを見ているのかじっと見つめて笑っている。

妹の幸恵が『男の子と女の子を一気に産むなんて先にやられちゃった』

と悔しがっている。

やがて夕方となり名残惜しげに神戸組は帰って行った。

仙台組は3人なので一泊して翌日ゆっくりと帰るそうで家へ戻ってきた。

 

静香の母は、娘の様子や孫たちを見てはずっと嬉し涙を流している。

慎一と静香夫婦の結婚生活に安心しているのが良く分かった。

結婚式の時、母の少し不安そうな態度が静香は気がかりだったが、

今はまったくそんな風には見えなかったので安心した。

美波は久しぶりのお婆ちゃんと一緒なのでずっと隣にいて、

大学のことや小樽の生活の事を色々と話している。

静香の兄も夫とお酒を飲んで仕事の事など色々と話している。

静香は雄樹と夏姫に順番に母乳を与えながらみんなを見つめている。

ここに幸せの時間が詰まっていると感じているかのように・・・

(つづく)